趣味はライブチャット

趣味

ある男性の不倫体験談です。男性はライブチャットにもう10年も通い続けています。
10年間に相手が見つからなくて通い続けたわけではなく、今もライブチャットで知り合った相手と不倫をしてもう2年になります。
妻もいて不倫相手もいるのにもかからわずライブチャット通いを止めようとは思わないのです。
特に趣味らしい趣味もなく、ライブチャット以外に時間を潰す手段もなく、実際に会えなくても一向に構わないのです。
ライブチャットという空間にいて電話がかかってくる相手の話を聞いて時間を潰す事に楽しさを感じたり、
そんな時間が落ち着くと思っている自分はもうライブチャットが唯一の趣味だと言えるのかもしれません。
そもそも夫婦で会話がない事が原因なのかもしれません。
妻は自分にはもう執着なんてまるでないのにも関わらず金銭的な問題で離婚を切り出す事はありません。
ですからもし不倫をしているとバレたら多額の慰謝料を請求して嬉々として離婚を応じると想像出来ます。
ですが私自身が多額な慰謝料なんて支払いたくありませんし、それに老後の事を考えると離婚をして1人になるのも嫌だから
妻の事を愛していなくても離婚をしたいとまでは思えないのです。
不倫相手とは気が合う関係でもう2年も関係が続いていますが、それでもこの関係が永遠に続くとは思えないのです。
むしろ不倫関係でセフレだという気楽な間柄であるからこれだけ長く続けていけるのだと思います。
これから先の10年もやはり同じようにライブチャットに通い、そしてセフレと別れたらまた別のセフレを見つけ不倫をし、
そして妻との夫婦関係は細く長く続いていく、そんな気がします。

どうすればチャットレディの心を開く事が出来るのか?

ライブチャットで女性と楽しくおしゃべりを楽しみたいと思っている人も多いでしょう。
また相手との距離感を縮めてあわよくば服を脱いで欲しいなんて下心が満載な男性もいるかもしれません。
しかしいくらアダルトのライブチャットと言えども開口一番に「服を脱いで」では女性もそう簡単に脱ぐわけがありません。
やはりまずは相手の心を開く必要があると言えるでしょう。

ではどうすればいいのかというとまず自分の事を知ってもらう事が大切です。
よく知らない相手と思っているからこそ距離があるわけです。
特にライブチャットで男性に多いのは自分はテキスト文字でチャットをして顔だししないというタイプです。
別にもったいぶっているわけではなく、単純にイケメンでもないし顔出ししても女性も喜ばないだろうと判断しているのかもしれません。

しかし女性が顔出しなのに対して相手は顔の見えない相手となると心を開くわけがありません。
相手の顔が分かるからこその安心感もあるのです。
それにWEBカメラがないと相手が何をしているのかも分かりません。
もしかしたらノンアダルトで普通の会話をしているのに、下半身裸で女の子の映像を見ながらオナニーをしているかもしれません。
女性としては男性が顔出しするという事は少なくともカメラに映っている時には変な事をしていないと確認する手段になるというわけです。

あと個人情報はしゃべりすぎるのはNGです。
例えば住所やスマホの番号などを教えられると引いてしまうでしょう。
もっとアバウトに○○県に住んでいる、こんな仕事をしているぐらいの情報であなたの事を知ってもらうといいでしょう。

アダルトとノンアダルトの違い

ライブチャットにはアダルトとノンアダルトに分かれています。
どう違うのかというと言うまでもありませんが、エッチな事OKなアダルトに対し、エッチな事がNGなノンアダルトと言えるでしょう。
こう考えると分かりやすいかもしれません、アダルトはネット上の風俗でノンアダルトはネット上のキャバクラです。

風俗ではエッチな事を目的にしますが、エッチな事をする前提となっているので料金設定が高いのです。
そしてノンアダルトはエッチな事をせずに女の子との会話を楽しみます。

しかしこんなふうに考える事はないですか?
キャバクラとネット上のキャバクラであるノンアダルトはどっちがお得なのか?と。
風俗なら全く異なります。実際に女の子に触ってもらえるし、舐めてもらえるリアルとお店とエッチな会話やエッチな映像は見えるけどあくまでもネット越のアダルトライブチャットは全く用途は異なります。

ですがキャバクラはどうでしょうか?
可愛い女の子とおしゃべりをするわけです。キャバクラはお酒や食事も出来ますが、美味しくもないお酒や食事がキャバクラ価格となり割高です。
それなら自分でお酒を用意してデパ地下で美味しいお惣菜を購入した方がよほど安上がりです。
それにキャバクラで女性に少しぐらいなら触る事は出来るかもしれませんが、触る男性の事を女性は裏でセクハラおやじなんで嫌っているわけです。
嫌われるぐらいなら触る事が出来ないライブチャット上で可愛い女の子とおしゃべりを楽しむ方がいいと思いませんか?
その方が料金もキャバクラと比べるととてもリーズナブルな価格設定となっていますし、また自宅の方が緊張せずに寛げるという利点もあります。

ライブチャットを選ぶ基準とチャットの種類

ライブチャットと一言でいってもライブチャットを出来るサイトはたくさんあります。
では何を基準に選ぶといいのでしょうか?
サイトによって登録しているチャットレディのタイプが大きく異なります。
若くて可愛い子、ギャル系、ぽっちゃり系、人妻系などいろんなタイプの女性がいるので自分がどんなタイプの女性とおしゃべりしたいのか好みで選びましょう。

またサイトにとって料金設定も異なります。
ライブチャットは1分アタリ○円という料金設定になっています。1分あたりで料金が加算されていくので例えば1分で10円違うだけでも30分なら300円違ってきますから大きいですよね。

そして自分はどんなチャットをしたいのかも明確にしておきましょう。
ライブチャットというと2ショットチャットをイメージする人もいるかもしれません。
もちろんどのサイトでも2ショットは用意されていますが、チャットと言えば2ショットだけではありません。
例えば1人のチャットレディに対して複数の男性がチャットをするパーティーチャット。
これなら自分が口下手でいきなり初対面で2人きりだと会話の間がもたない、顔見知りになるまでは複数で話した方が気楽と考える人もいるでしょう。
それから自分は会話に参加しなくていいからチャットレディが楽しくおしゃべりをしている様子を眺めていたいという人もいるでしょう。
その場合は覗きチャットというものも存在します。
もちろん覗かれている人も覗かれている事を了解した上で覗いている状態なので聞かれて困るような秘密の話題はしないでしょう。

チャットの種類によって料金設定も変わってきます。やはり一番高いのは女性を独占する2ショットチャットです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ